カテゴリー「旅行・地域」の83件の記事

2008/08/09

ヨコヤマ ユーランド 鶴見

この所、精神的肉体的にハードな日々である。

トレーニングに行く固まった時間が取れないので

「ヨコヤマ ユーランド 鶴見」に出向いてしばし

安楽の時間を得ている。

以前まであった、お気に入りの中華料理屋が

なくなっていて、非常に残念である。ここの味噌ラーメン

を作っていた、あの料理人は今いずこ・・・

仕方ないので、激辛カレーを食した。なかなかハマル味

なので、都合3回ほど食している。

もうしばらくは、ここに足繁く通うことになろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/14

豊真将、旭豊、寺尾

この週末の旅は名古屋であった。名古屋・京都・大阪は

もはや時間距離から考えると「旅」と呼ぶには近すぎる印象

である。

別に調べてから行ったわけではないのであるが、新幹線の

ホームにて豊真将発見。「ジャンクスポーツ」で視た時と同様

男前であった。

続いて翌日の昼間、ホテルの喫茶室にて旭豊家族を発見。

元ベイスターズの佐々木に似ていた感じであったが、至って

普通の良い身体の人、という雰囲気であった。

日曜日の朝には寺尾家族に遭遇。さすがに露出度が高い

方なのか、注目を集めていた。やはり印象に残ったのは家族

全員の食べる量。子供2人がそれぞれヨーグルトを3個ずつ

ブッフェから取ってきていたのは凄かった。

しかし、有名人というもの、食事をする姿まで注目されるのは

なんとも複雑な気分であると心中察する思いであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/07

山形県 寒河江市 「悠遊」

この連休に久しぶりに訪れた岩盤浴。まだ暑い季節

ではなかったので「ゆぽか堂」ではなくこちら「悠遊」に

訪れた。

以前はこちらの方が「ゆぽか堂」よりも値段が高く設定

してあったのだが、お客さんの声を反映して、ということで

値下げがされていた。客としては安くなるのは結構であるが、

明らかに「ゆぽか堂」とは差別化がされている所なので、

お客におもねって値下げというのもどうかとふと感じた。

今回は母と訪れたため、あまりゆっくり出来なかったのが少し

残念なところ。しかし親孝行できたと思えばこちらのほうが

価値が大きい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/13

寒河江 岩盤浴 『悠遊』

帰省した折には必ず行く岩盤浴。

正直私にとって温泉よりも気持ちがよい。

これまでは『ゆぽか堂』に行っていた。

クルマで『ゆぽか堂』に向かう折りに『岩盤浴 悠遊』

の文字を発見。次の日に行くことにした。

寒河江に興味がある方々の為に評価するならば、

●価格はゆぽか堂の方が200円安い。

しかし両者とも関東近郊と違い、時間制限がないのが

嬉しい。

●設備

ロッカー、シャワー室は『悠遊』の勝ち。

『ゆぽか堂』は正直貧弱である。

浴室照明は『ゆぽか堂』は明るい感じなのに

対し、『悠遊』は薄暗くしてある。温度・湿度

設定は『悠遊』は『ゆぽか堂』より低めで、長く

居ることが出来る。

休憩室は冬は断然『悠遊』。『ゆぽか堂』は

汗が凍るほどで罰ゲーム感覚。しかし、道路

沿いの『悠遊』に対して『ゆぽか堂』の休憩室

は学校のグラウンドに面し、春~秋のシーズンは

テニスや野球の練習やススキが流れるシーンが

とてものどかである。

私はシーズンによってどちらに行くかは使い分けたいと

思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/02

マカオのタクシー(市中からウェスティン)

WYNNホテルから宿泊先のウェスティンへ、

2回移動した。

1回目は80パタカ、2回目は110パタカであった。

ちなみにパタカのレートは香港ドルとリンクしている。

通常は50パタカ程度である。

現在は道路工事中で回り道をする為、80パタカ程度である。

なぜ110パタカ?端的に言うとぼられた格好である。

それでも行ったことのない空港の前を通ったりして、

違う風景を眺めることが出来た。

ホテルを通じてクレームを

入れることは忘れなかったが、やはり観光立国なら全体を通じて

良いイメージを持たれるような行動が必須ではないかと感じる

次第である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/29

ヒルトン成田

直前まで仕事をしながらの移動。こういう時は

何かしら忘れ物をするので、今後は注意である。

「緊急ではないが重要なこと」の実行必要性を

強く感じた。

さて、今回の宿泊はきっちりアップグレードをして

頂いたのは良い点。しかし明日早朝チェックアウト

なのが残念。

プールを利用した。前回は使い捨ての帽子が備え

付けられていたが、今回は無し。経費削減の一環

と思われる。

食事は和食を選択。おいしいことはおいしいが、

スペシャルでは無かったのが残念。都内の「うまい店」

の方が楽しめるのでは、と言う実感である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/23

ミレニアム ヒルトン ソウル

_278 不便なところ、と聞いていたがなるほど、不便なところであった。

しかし眺めはなかなかの所にある。また、カジノをすぐ隣に併設

している。建物の[HILTON]のロゴが古さを感じさせてくれる。。。

以下気付いた点なのでご参考まで。。。

フロントのサービス:まぁまぁよい。

エグゼクティブフロアのサービス:ぶっきらぼう。客が具合を悪くしているのに、

あまり気を払わない。→一流にはなりきれない。

●朝食のフルーツ系がよい。

●韓国系の食材がないのが寂しい。特にお粥。

部屋:まぁまぁよい。

●インターネットサービスが充実(電話線とLAN両方設置)

●アメニティの、背中を洗うやつが具合がいい。

プール・ジム

●各ウォーキングマシンに液晶テレビが付属しているのは○。

●日差しが多く入り、開放感がある。

●ロッカーは少し貧弱。ミニマムは満たしている。

●プールサイドで生ビールが飲めるのがよい。

●隣がレストランなので変な騒がしさが時折ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/22

ソウルのタクシー

一泊二日でソウルに滞在。

久しぶりにボラレタので報告。

今回は羽田より金浦空港へ。

家からの時間距離は非常に近い。

福岡と変わらない。

外国の主要な空港には必ず呼び込みがいる。

私は空港の呼び込みは嫌いである。

いつもボルからだ。

今回も呼び込みは相手にしないでいたが、

必要に迫られ乗車することとした。

ホテルまで30000ウォンなり。帰りのタクシーが

20000ウォンであったので5割増である。

金額だけ見れば「やられた」と言う感じであったが、

車内では運転手といろいろ話をした。

ちょっとした生活事情を垣間見ることが出来、

10000ウォン分の情報は仕入れたと、

そんな気になった。価値をどこに求めるか、

前向き思考をしていく上で大切なことだと

感じるいい一時であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/02

ラフォーレ修善寺

今日から一泊二日で総勢8名の忘年会。

特急「踊り子」に初乗車。昔川崎駅で眺めていた時の

あこがれとはちょいと違う印象。

しかし車内販売の「鰺の押し寿司」が旨い!と感嘆しながら

あっという間に到着。

今回のメンバーの最年長の方が予約したコテージ。

約3年前にもほぼ同じ部屋に宿泊。直後に父親が亡くなった

ために記憶はかなり曖昧であったが、今回も楽しめそうである。

到着時には全員揃っていなかったので、体育館に出向き

しばし卓球。いつもは暗いジムのスタジオなので自然光は

新鮮だ。50人はいただろうか、バドミントンやバスケなどを

楽しんでいるわりと賑やかな中で楽しむことが出来た。

今回オーガナイズして下さった方が酒NGな方で、酔っぱらって

いるのを良いことにいろいろお任せしてしまったことを反省。

17:00から1:00までロングランで飲み続けてダウン。

久しぶりの頭痛持ちの宴会であった。

ここまで書いて、施設のことをほとんど書かなかったことを反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/19

香嵐渓(愛知県)

Photo_107 Photo_108 Photo_109 「香嵐渓」なるところに紅葉を見に行ってきた。

よくあるバス日帰りツアーである。

飲み屋の定例旅行(になるであろう催し)である。

ほとんど寝付けないまま朝五時起きで横浜駅へ。

愛知県程の距離で日帰りは初めてである。

約5時間強かけて現地へ。

パンフレットを貰っていたのであるが、「香嵐渓」なる場所は

私の頭の中には今日まで存在していなかった。

しかし、行って見ると凄い混雑である。

バス停留所から15分ほど歩いて入り口。

更に15分ほど歩いて休憩という感じであった。

若者の姿は余り見られない。

おばさんパワーに満ちた場所である。

「五平餅」なるものを初めて食した。

焼きおにぎりのような感じでおいしい。

さて、肝心の紅葉であるがまだ時期が早いみたいである。

5分といった感じであろうか。

見頃の風景をイメージしながら散策した。

同じ道を戻り、集合場所へ向かうのであるが、道中お土産

屋さんやら、食べ物屋さんやらがひしめいている。

その中で、ぬれおかきを購入。

食べ比べてみたが「七味唐辛子」をまぶしたものが甘辛くておいしい。

他のは甘さが際だっている。

あと焼きそばと、オムそばを購入。

焼きそばは旨い。富士宮を思い出すくらいである。

これは私にとって絶品。

オムそばは至って普通。特にオススメするほどのものではない。

大雨の中、大混雑の中、ひたすらバスが来るのを待った。

30分以上であろうか。

まるで違う国に来ているかのような雰囲気である。

他にいろいろとお土産を買いつつ帰路についた。

ここまで慌ただしい1日は久しぶりである。

しかしバスの道中は狭いながらもゆったりした気分で

過ごすことが出来た。

初対面の方が多いながらも、楽しめた1日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧