« 『Practical English for Global Leaders』(9回目) | トップページ | トレーニング(2009.3回目) »

2009/01/10

筋力アップくんEX 購入

年末のトレーニングにて加圧マスターを体験し、年明けに別店舗にて「筋力アップくんEX」を注文した。加圧トレーニングについては教える権限、販売する権限が分かれているために購入出来る場所が限られているので少々面倒であった。本日、納品日であるので溝の口にある加圧ジムへ向かった。場所は駅前にあった。加圧の機器が高額なせいかマシン・ロッカールーム共にかなり昔のトレーニングジム、といった風情であった。

購入時講習の内容は注意事項の説明・アンケート・フィッティング・実トレーニングによる検証というものであった。注意事項は他の加圧サイトにも記載されているので割愛。アンケートは運動・競技経験・希望トレーニングについてであった。希望トレーニング(筋力アップ・ダイエット)についてはそれぞれの希望によってメニュー・圧力に違いがあるとの事であった。基本的には筋力アップ→基礎代謝アップ→体脂肪減少となるので私は筋力アップを選択した。おおむね3ヶ月~6ヶ月に圧力の再調整をするらしいので、そのときに改めて継続するか変更するか判断したいと思う。

実際の品物について、「カーツウェアよりもベルトが太くてしっかりしている」「加圧マスターよりも肌への当たりが強い」というのが第一印象である。ベルトと肌の間にセンサー(販売品ではない)を挟み、ベルクロの締め位置をずらしながら圧力を調整していく。私の場合は腕150、腿200という設定をしてもらった。

さて、実トレーニングによる検証である。その「統括指導者」の方によれば「追い込みます」とのことで、今までの経験則による予想を持ちながらダンベルエリアへ向かう。腕用ベルトの装着感は当たっている箇所に少し違和感を感じるものであったが「嫌でしょうがない」というレベルではない。まずはアームカール。普段のカーツウエアにおいては8~9kgのダンベルを20回1セットにて行っていた。本日は3kg30回→20回→10回と減らしていくものであった。最初は25回から効いてくる感触であった。2回目は15回、3回目は5回目から効いてくる感触で、最後のセットは最初から一杯一杯であった。今までの自分にとっての「追い込む」を再定義した瞬間であった。続いてディップスをやり、こちらも同様の感想。

下半身は装着後の印象としてはバランスが不安定になることであった。レッグエクステンション20kg(72kg)、レッグカール15kg(48kg)で、回数は上半身と同様であった。「この重量でこの追い込み感!?」というのが衝撃的であった。この重量は女性でも通常は軽く感じるものである。最後にスクワット20kg(80kg)で仕上げを行い、文字通り足がパンプアップした。カーツウエアのパンプアップは部分的であるのに対して、こちらはほぼ全体的であった。

「圧力をかける」点では共通であってもカーツウェアと筋力アップくんの違いは歴然で合った。メニューの違いはあるにしても、重ねて言うが効果は衝撃的であった。文字通り「劇的な効果」を期待して家路に着いた。

|

« 『Practical English for Global Leaders』(9回目) | トップページ | トレーニング(2009.3回目) »

トレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72141/43704439

この記事へのトラックバック一覧です: 筋力アップくんEX 購入:

« 『Practical English for Global Leaders』(9回目) | トップページ | トレーニング(2009.3回目) »