« トレーニング(2008.66回目) | トップページ | トレーニング(2009.1回目) »

2008/12/31

2008年の目標を検証

今年は例年になく、無事心身共に健康のレベルを高く保ち過ごすことが出来た。一般的に言うとそれほど高いレベルではないので来年は更に上を目指したい。今年も最後なので年初に立てた目標の検証をしたい。( )内が評価である。

●仕事:事務職(×)現場職(◎)の増員・育成。業界分析(×)企業分析(○)事業提案(△)。事業再編成(○)。

●資産:オフショアファンドの研究(○)・契約(×)。運用リターン10%(×)。

●資産:株式資産形成講座の修了(◎)。各種市場の研究(○)。

●教養:企業法規を網羅するためにロースクールへ通う。来年3月修了予定。(×)

●語学:「リンガフォン中級」「もっとえいご漬け」を終了する(◎)。中国語25H(△)。韓国語25H(○)。

●家事:50Hの取り組み(◎)。キャンプ技術の向上(3回行く)(×)。

●健康:マラソン10km(前半)(×)、ハーフマラソン(後半)完走(×)。

●トレーニング90回(○)。ヨガ50H(○)。75kgを切る(×)。スノーボード再開(×)。

目標総数:23 ◎:4、○:8、△:2、×:11

●総論として、多くクリアできた一年とはならなかった。しかしながら、教育・医療・公共サービス・保険・心身など多くの分野で経験を積んだ一年となった。また、多くの出来事を検証する中で、心証を害することは自分の感覚よりずっと量的に下回っていることを知ることが出来たのは収穫であった。正に「人間万事塞翁が馬」であった。

●仕事においては会社を空ける機会が多かったところが×の原因とも取れる。弱みをカバーすることを強制される機会が多く、モチベーションが上がらない局面有り。来年は強みを前面に出し、予定を先取りして入れることにより、達成度を上げていきたい。

●資産においては株式資産形成講座の修了という目標は達成することが出来た。運用環境は非常に厳しい一年であったことを痛感。しかしながら今後の為の良い経験を積み重ねることが出来た一年であった。来年は更に経験を積み上げ、結果を求めていく一年としたい。

●教養・語学においては当初のロースクールをディスカウントされたPEGLへ変更。法律については深めることが出来なかったのであるが、ビジネスにおけるマナー・業務の運び方のスタンダードをを知ることが出来たことと、出会いの数々は大きな収穫であった。

●家事:50Hと呑気に構えていたが多くの時間を費やすこととなった一年であった。来年は時間目標を取らずとも達成確実なので、中身に進歩を持たせる一年としたい。

●健康・トレーニング:回数においては最低限こなした形と判断しているが、今年は生活形態が大きく変化した一年となり、結果として疎かになった。来年は更に時間を大切にして内容・時間共に多く取っていきたい。

|

« トレーニング(2008.66回目) | トップページ | トレーニング(2009.1回目) »

コーチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72141/43655195

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年の目標を検証:

« トレーニング(2008.66回目) | トップページ | トレーニング(2009.1回目) »